« 2010年を振り返る(その1・関東大手私鉄上編) | トップページ | 2010年を振り返る(その3・JRグループ編) »

2010年12月29日 (水)

2010年を振り返る(その2・関東大手私鉄下編)

2010年も年の瀬です。
2010年を振り返る記事として何編かに別けてお送りします。

続いては、JR東日本首都圏エリアを含めた関東大手私鉄の下編です。

東京メトロ

今年は車両面で大きな動きがありました。新形式車両として東西線15000系千代田線16000系が導入されています。

路線面では、各路線でのダイヤ改正が目立ちました。特に、3月実施の有楽町副都心線ダイヤ改正では不評の上、利用実態にも合致していなかった有楽町線準急が各停格下げにより廃止副都心線急行明治神宮前<原宿>への土休日停車化など利用者第一のダイヤ改正であったと思います。
また、両線の遅延対策として小竹向原~千川間の配線立体化改造が開始され、工事に着手しています。
さらに、有楽町線へのホームドア設置計画も計画通りの進行のようです。

車両面では、先述のとおり新造車導入による動向が目立ちました。登場40年を越えている千代田線6000系はとにかく、経年20年ほどの東西線05系にも廃車解体が発生したことは驚きでした。

来年は、今年からの継続的な取り組みが続きそうです。

小田急電鉄

今年はこれまでの断続的取り組みが続いていました。

路線面では、下北沢周辺の地下化・複々線化工事が進行しています。
下北沢の街並みが大きく変化する過程の一つと言えるでしょう。
また、神奈川県海老名駅・本厚木駅においては地元出身バンドいきものがかり」の楽曲「SAKURA」・「YELL」が駅メロ・接近メロディに採用されるなど話題になりました。

車両面では、4000形導入による老朽車取り替え・10両固定化促進が進められ、3000形にも10両固定編成が登場しています。
これにより、来年早々に5000形の6両編成が全廃される予定です。
また、新保安装置D-ATS-P」の導入準備が進んでいます。

来年も、今年からの継続的な取り組みが続きそうです。

京王電鉄

今年はこれまでの断続的取り組みが続いていました。

路線面では、引き続き調布駅周辺の地下化工事が進行し、全線へのATC導入へ向け準備が進められています。
今年は相模原線全線ATCへ移行し、6000系の営業列車での相模原線入線がなくなりました

車両面では、新造車投入は完了しましたがATC対応化改造の為、6000系3000系はまだ残存しています。
一方で、6000系全廃に備え運用編成を確保する目的で7000系8両編成10両編成への編成替えが実施されています。
乗り入れ先の都営新宿線10-300形の一部が10両編成になったことで、京王車が肩代わりしていた運用(主に相模原線急行)が都営車に変わり、少しはバランスが取れてきたようです。

来年も、今年からの継続的な取り組みが続きそうですが、東京都内区間での立体交差化・複々線化についての動向が注目されると思います。

京成電鉄・京急電鉄(浅草線グループ)

今年はとにかく成田スカイアクセス開業が話題となりました。

路線面では、この成田スカイアクセスの他、京急蒲田周辺の高架化が一部完成しダイヤ改正が行われました。
しかし、このダイヤが地元・大田区への配慮が足りない形となり問題となりました。

車両面では、京急旧1000形営業運転を終了し暫定的な事業用車両に残るのみとなっています。
一方で、成田スカイアクセス開業により京成3000形50番代新AE形が営業運転を開始、京急車成田空港乗り入れが復活など動きがありました。
これにより、余剰となったAE100形廃車解体が発生し、また転用された「シティライナー」も閑古鳥が鳴く状況となっています。

来年は、大きな動きは見られないでしょうが、京急蒲田周辺の一部高架化により箱根駅伝臨時ダイヤの取り扱いが大きく変化することになりました。
選手通過時はこれまで選手の動きに合わせて空港線電車を発着されていましたが、エントリー数が増加した今年は30分間電車の運行が出来ませんでした
しかし、来年は高架化された上り線のみの単線運転により下り線の踏切稼働を無くすようです。
これにより、列車側選手側も相手を気にせずに動くことが出来るようになりますね。

相模鉄道

今年はこれまでの断続的取り組みが続いていました。

路線面では、東京都心直通化プロジェクトに伴い、既存線側の工事も本格化しています。
JR線へは大きな障壁はありませんが、東急線へは途中駅設置での地元との拮抗により難航しているようです。

車両面では、JR線直通化に合わせ、既存線保安装置を「ATS-P」に換装するため、車両への対応改造が進んでいます。

来年も、今年からの継続的な取り組みが続きそうです。

次は、その3・JRグループ編です。

|

« 2010年を振り返る(その1・関東大手私鉄上編) | トップページ | 2010年を振り返る(その3・JRグループ編) »

1-1.鉄道小ネタ」カテゴリの記事

コメント

確か東京メトロ副都心線・有楽町線は3月のダイヤ改正で本来なら2度目の変更で廃車予定されてた10両固定車の7102Fが3度目の変更で増備改造され、2度目の制御更新になり7101F同様に5M5Tになりましたね!東西線15000系や千代田線16000系も年内には完全な営業運転に入れましたね!05系初期型や6000系チョッパ車が置き換えられると思います?6000系の6133F〜6135Fは噂がどこかでほかのブログで出てたんですが3両化の北綾瀬⇔綾瀬のワンマン改造はされるのでしょうか?そうなればイメージは副都心線7127〜7134Fと似て来るのでは…?
京浜急行は旧1000形が引退し次の引退廃車対象車両は第一に2000形と言われてたり800形も有り得ると言われたりしてます!2000形8両も2041Fが車体の老朽化で錆びてボコボコで激しく感じました!まだまだエアポート急行でバリバリ活躍してますが果して2000形は来年度準じ引退になるのでしょうか?窓の横閉めカーテンはロングシートには使いにくいとの声もありましたし…!

投稿: 圭一郎 | 2010年12月29日 (水) 21時16分

メトロ7000系7102Fは廃車対象から一転、予備車を増やす目的で存続が決まり、対応改造化された経緯でしたが大掛かりな改造になりましたね。
北綾瀬支線の車両はどうするのかが注目されると思われます。

京急では近年8両と4両を新造しているので2000形が先の取り換えになると目論んでいます。
車両走行距離もかなり長いはずですし。
トップナンバーは無事検査通過となりましたが、予断は許せないと思います。

投稿: TJ-62G@admin | 2010年12月30日 (木) 00時42分

来年度で京急2000形が引退となるとロングシートの横引きカーテンもやっと撤退になりますね?京急お客様センターにも2000形の横引きカーテンの件は色々と意見が出てる様なので!今更なおしてもお金もかかるし、窓も変えなきゃいけないと思うし3ドアに改造するだけでも大変だったと思いますね?2010年12月30日鴨志田尚樹。

投稿: 鴨志田尚樹 | 2010年12月30日 (木) 19時32分

横引きカーテンはクロスシートでは有用ですが、現状のロングシート主体では不便すぎですよね・・・
確かに再改修する手間の事を考えるとあまり得策ではないでしょう。

かつての阪急2800系も2ドア特急運用の後にロングシート・3ドア化されましたが、使い勝手が悪く車体へのダメージも多かったという理由で早々と廃車になってしまっているので同じケースが出てきてもおかしくはないと思います。

投稿: TJ-62G@admin | 2011年1月 2日 (日) 00時10分

東武鉄道では本日より東武野田線8163Fが七光台16時16分出発から19時59分七光台入庫まで09運用で走りました!
京浜急行電鉄ではやはり今年から800形の廃車引退も順次決定したそうです?2000形も先頭車両の老朽化はかなり来てるので予断は許さない状況と思います?横閉めカーテンも確かに使いにくいと思います!

投稿: 圭一郎 | 2011年1月 4日 (火) 22時56分

8163Fは結局省令改造のみ春日部で行って、他は七光台で整備だったようですね。
京急の動向はまだ読めませんが、経年で考えればその線になるのではと思います。

投稿: TJ-62G@admin | 2011年1月 6日 (木) 17時01分

今年に入ってから東武東上線の8192Fが運用に入っておらず、連結してた8136Fとも切り離され単独留置になっています!廃車か?検査を通して七光台転属か?気になる所です!七光台転属となると転属準備の可能性もあります!七光台所属の野田線8106Fや8113Fの方がかなり古いのでこちらが先の廃車になってもおかしくなければ8192Fが七光台転属の可能性もありえると思います?もしかしたら今年は昨年の春日部支所ワンマン非対応8000系あさくさ撤退に続いて森林公園8000系ワンマン非対応車が撤退になる年かもしれませんね!?

投稿: 圭一郎 | 2011年1月 7日 (金) 19時43分

Twitterでつぶやきましたが、8192Fは現在休車状態のようです。
8192Fは近々動きがありそうです。
50000系の増備状況次第ですが、年内に8000系10両編成全廃も考えられると思います。

投稿: TJ-62G@admin | 2011年1月 7日 (金) 20時00分

東武東上線8192Fは使用中止中の札が下がってました!もしかしてもう七光台転属準備で行き先のROMを野田線用に変えて東上線では使えず休車状態なのでしょうか?それとも廃車前提の休車でしょうかね?出来たら野田線七光台転属を望みたいです!もう東武野田線8101Fと8106Fと8109Fと8113Fのどれかも一年の内には無くなっちゃうと聞いてますので!8192Fは七光台所属になって欲しいですね!2011年1月8日。鴨志田尚樹。

投稿: 鴨志田尚樹 | 2011年1月 8日 (土) 12時27分

東武東上線8192Fの休車は何か理由でもあるんですかね?

投稿: 圭一郎 | 2011年1月 8日 (土) 21時25分

やはり8192Fも七光台転属はほぼ決定の様です?やはり行き先幕のROMを早めに変えたみたいで東上線での使用不可で休車状態になってるそうです?

投稿: 圭一郎 | 2011年1月 9日 (日) 20時37分

8192Fの件はその線が有力ですかね?
初期型を残して廃車は考えにくいですし・・・

投稿: TJ-62G@admin | 2011年1月11日 (火) 00時22分

京浜急行電鉄も一時2000形の引退説がありましたが、どうやら800形が先の引退の様です?800形の部品が切れるとの事でほぼ廃車が決定したそうです?

投稿: 圭一郎 | 2011年3月13日 (日) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年を振り返る(その2・関東大手私鉄下編):

« 2010年を振り返る(その1・関東大手私鉄上編) | トップページ | 2010年を振り返る(その3・JRグループ編) »